精神科救急医療施設 医療法人社団 更生会 草津病院 (公財)日本医療機能評価機構認定    
リンク集 患者さんの権利 個人情報保護 サイトマップ お問い合わせ
トップページ > 社会復帰支援・訪問看護 > 生活訓練施設 梅の里
文字を大きくするには
サイトマップ
トップページに戻る
患者・ご家族の皆様へ
医療従事者の皆様へ
病院の紹介
当院が目指す精神科医療
地域連携室
当院の診療統計
精神科後期臨床研修
広島市西部認知症疾患医療センター
社会復帰・就労支援
訪問看護・訪問介護
採用情報
新着情報・お知らせ
治験
交通案内
院内地図
エリア案内
生活訓練(日中)
引きこもりがちな生活から自立するため、一定期間、生活能力向上のための支援を行います。送迎がつき、小グループで行いますので、デイケアなど大グループの環境が苦手な方でも参加していただけます。
 通所を原則とし、一人ひとりに合わせた個別支援計画を立て支援を行います。


宿泊型自立訓練
一人暮らしへの自信をつけるため、一定期間、夜間の住まいの場を提供し、自立に向けた支援を行います。施設内に24時間スタッフが常駐していますので、一人暮らしが不安な方でも参加していただけます。
 他の日中訓練と組み合わせることを原則とし、一人ひとりに合わせた個別支援計画を立て支援を行います。

 
対象となる方
自立訓練
  ・自宅に引きこもった生活から脱出するために、きっかけをつかみたい。
  ・デイケアなど、大グループの環境が苦手で緊張してしまう。
宿泊型自立訓練
  ・退院後、一人暮らしに不安があり、しばらくの間生活訓練をしたい。
  ・退院後、家族と同居予定だが、家族と上手く生活できるか不安。
  ・家族との関係が上手くいかず、家族から離れて自立したい。
  ・他の施設に入所することが決まっているが、もう少し生活に自信をつけたい。
利用するためには
1. 主治医に訓練を受けたい旨を相談してください。
2. 主治医の許可が得られましたら、当施設スタッフに相談してください。
利用までの必要な手続きについて具体的に説明いたします。
3. 「障がい福祉サービス受給者証」の発行が必要になりますので、
お住まいの保健センターで手続きを行ってください。
※当施設スタッフがお手伝いいたします。
4. 判定会議が行われ、利用の可否が決定します。
 
利用期間
自立訓練(日中) :最大2年間
宿泊型自立訓練:3か月または6か月
  ※ただし、支援の内容によって延長が可能です。(最大、合計1年間)
利用料
障がい福祉サービス費 :自己負担1割(月額)
※利用者本人の収入により上限額が設定されています。
  ※その他、食費(昼310円、夜360円)、施設利用料が発生します。
1週間の予定表(365日運営)
 
個別支援
・公的機関への手続きや、申請の外出同行
  ・支援計画見直しの面談
  ・他の関係施設との話し合いや訪問看護による支援
   
娯楽プログラム(人間関係を作るプログラム)
  人間関係を作ることが苦手な方を対象に、小グループのレクリエーションや茶話会などに
スタッフが一緒に参加し、「仲間作り」のお手伝いをします。また、他施設やデイケアとの交
流を通して、小グループから徐々に大グループへの移行を後押しします。
  (プログラム例)
・茶話会 ・外出(ウォーキング、釣り、スポーツセンターなど)
・ゲーム、レクリエーション(紅葉狩り、BBQ、忘年会など)
・施設交流会(他の支援センターや作業所交流)
   
生活向上プログラム(生活技術を身に付けるプログラム) 
  基本的な生活リズムを整え、お金の使い方や掃除、洗濯、料理等の基本的な生活技術を
学ぶためのプログラムです。スタッフと一緒に昼食を作ったり、外出して社会資源の使い方
を学びます。外部から講師を招いての講習会もあります。
  (プログラム例)
・生活のスキルアップ(お金の使い方、掃除、洗濯、料理など)
・グループミーティング(休日の過ごし方、地域での社会資源の情報交換)
・外出(外食、近隣への買い物) ・病気の理解(講師を招いての茶話会)
1ヵ月の予定表
プログラム表
  2017年11月 プログラム表
利用までの流れ
(1) 施設見学(体験利用)
(2) 利用申し込み(書類記入)
(3) 担当スタッフとの面談と個別支援計画の作成(利用目的の確認)
(4) 施設管理者との面談(利用意思の最終確認)
(5) 判定会議(利用条件、期間の決定)
(6) 通所または入所 
 
ショートステイとは?
介護者の疾病やその他の理由により、居宅において介護を受けることが一時的に困難となった場合や、現在の生活環境から離れて休息をとりたい場合などに、梅の里を短期間宿泊利用できるものです。

 
対象となる方
現在、精神科に通院されている方で、障がい福祉サービス受給者証を持たれている方。
   
※障がい福祉サービス受給者証とは?
    障がい者総合支援法に位置付けられている福祉サービスで、自立支援医療とは異なります。
利用期間
7日以内/月(利用者多数の場合は4日以内とさせていただきます)
利用料
障がい程度に準じた利用料の1割負担+光熱費
※費用は、利用最終日にまとめてお支払いいただきます。
  食事は、配食サービスにより下記の料金で利用できます。
昼:310円 夜:360円
持参物
・障がい福祉サービス受給者証・自己負担上限額管理表
・印鑑・着替え・洗面用具・タオル・薬(頓服含む)など
利用までの流れ
(1) 施設の見学、利用相談
(2) 面談(基本情報をお聞きします。)
(3) 梅の里と利用日程の調整(市町村や医療機関へ、現在の状況などを確認させていただきます。)
(4) ショートステイ利用開始
・初回利用後の予約は、毎月第3火曜日午後1時から受付けます。
・詳しくは梅の里までお気軽にお問い合わせください。
・ショートステイの申込みは、主治医にもご相談ください。
居室設備
・寝具・冷暖房・冷蔵庫・電磁調理器など
 
居室
 
キッチン
その他
・相談室・静養室・事務所 ・訓練室・調理室 ・洗濯機(200/回) ・乾燥機(100円/40分)
 
お問合せ先: 082-279−5004
精神科・心療内科・神経内科・内科
(公財)日本医療機能評価機構認定 医療法人社団更生会 草津病院
〒733-0864 広島市西区草津梅が台10番1号 TEL082-277-1001
Copyright(C)2004-2016 KUSATSU HOSPITAL All Rights Reserved.