メインビジュアル
メインビジュアル

復職支援(リワーク)プログラム

復職支援(リワーク)プログラム

~復職を望むみなさまと事業主・主治医をつなぎ、復職の希望をサポート~

再び働ける喜びを共に分かち合いたい。
「ワークネクスト」は職場復帰を目指す方をサポートします。

うつ病や適応障害で休職中の方の職場復帰をサポートするのが就労支援センター ワークネクストの復職支援プログラムです。復職支援プログラムのさまざまなワークに参加していただくことで、規則正しい生活習慣の獲得、作業能力や集中力の確認と回復、再発予防のための指導と内省、復帰に向けたモチベーションの向上を目指します。
また、企業や主治医などと連携を図りながら、ご本人にとって一番良い時期での復職を目指します。

支援体制
「復職」という目標に向って、復職を希望するご本人と雇用主、主治医の連携を円滑にするサポーターとして、復職のための専門的なプログラム運営でご本人の復職まではもちらん、復職後も個別に応じてサポートいたします。
ワークネクスト復職支援プログラム

プログラム参加から復職、復職後支援までの流れ

プログラム参加には、当院での受診、会社によるプログラム参加の許可が必要となります。
その後面接・検査を行い、総合的に状態を把握させていただき、判定会議の上で参加を決定しております。

プログラム参加から復職、復職後支援までの流れ

適応疾患と非適応疾患

適応疾患
うつ病、適応障害(パーソナリティー障害を併存しないもの)
非適応疾患
双極性気分障害(Ⅰ、Ⅱ型)、パーソナリティー障害、広汎性発達障害、統合失調症、薬物・アルコール依存症の併発例、精神病症状を伴ううつ病

※非適応疾患の方においても、状況に応じて利用が可能です。

参加期限

復職支援プログラムの参加目的を明確にするために、基本は3~4か月まで、最長で6か月までとしております。
6か月経過しても復職が困難な場合は、その後の方向性についてご相談させていただきます。

プログラムの内容と目的

復職をスムーズに行えるよう、また再休職を防ぐために、このプログラムで規則正しい生活習慣の獲得、作業能力や集中力の確認と回復、再発予防のための指導と内省、復帰に向けたモチベーションの向上などを図ります。

プログラムの内容と目的
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
8:30~
9:15 
プログラム受付
9:30~ 朝のミーティング フォローアップ
プログラム
10:00~ 個別活動
11:30~ 記録など
11:40~ 昼のミーティング
12:00~ 昼休憩/午前のみ:終了
午後のみ:プログラム受付
13:00~ 個別活動
集団認知行動療法
個別活動
メンバー主体プロジェクト
チーム作業
コミュニケーション
トレーニング
スポーツ 復職
ミーティング
フォローアップ
プログラム
集団認知行動療法
15:00  終了
  • 個人活動

    目的作業能力・集中力の確認・回復、再発防止のための取り組み

    内容各種OA作業・事務作業、読書および感想文作成(疫病・ストレス・人間関係など)、休職に至った経緯の振り返り、復職後健康的に働くための方法についての資料づくり、体調管理チェックシート作成、復職に向けた自主的な取り組み、個人面談など

  • 集団認知行動療法※1

    症状改善や再発予防を目的として、個人の考え方の癖を再認識し、当事者間の交流やホームワークを活用しながら、より良い考え方や柔軟な対処法を身についていきます。

  • コミュニケーショントレーニング

    職場でのコミュニケーションの取り方について、ロールプレイを用いて練習したり、相手も自分も大切にしたコミュニケーションの取り方についても学びます。

  • スポーツ

    業務に耐えうる体力の維持、適度な気分転換、体を使ってのコミュニケーションを図ることを目的としています。

  • 復職ミーティング

    当事者同士で復職に関するテーマで意見交換を行います。

  • メンバー主体プロジェクト・チーム作業

    複数のメンバーでグループを作り、職場に近い集団活動を行うことでストレス対処やコミュニケーション、仕事の進め方の実践トレーニングの場としています。「メンバー主体プロジェクト」は会議を中心に、チーム作業は作業を中心に活動します。

  • フォローアップ・プログラム

    プログラム終了後のメンバーで、ミーティングを行います。

  • 生活記録ノート

    日課として、生活記録ノート(1日のスケジュール管理、体調や気分の把握)と睡眠リズムチェック表および作業日程表を記入していただきます。

※1 定員制で、3か月のプログラムです。また、治療上、参加することが不適切と判断される場合があります。

月曜日午前
臨床心理士面談
ミニ講座開催
木曜日午前
看護師面談
ミニ講座開催

復職支援プログラムを希望される方へ

参加条件

  • うつ病や適応障害で通院中の方であり、病気の回復期にあること
  • 週3日以上プログラムに参加可能であること
  • 勤務先の協力が得られること
  • 勤務先および通院先の医療機関との情報共有が可能であること
  • グループ活動への参加に不適な要素がないこと
  • 概ね6ヶ月以内に復職の見込みがあること
  • 自傷行為、希死念慮がないこと
  • 重篤な身体疾患がないこと

※ アルコール依存症、薬物依存症、パーソナリティ障害などの既住がある方は申し出てください。

※ 参加の途中で、状態の悪化やその他治療契約に不適な言動があった場合、治療を中断することがあります。

※ 飲酒・喫煙・車の運転など、主治医から止められていることはお控えください。なお病院敷地内全面禁煙となっておりますので、ご協力をよろしくお願いします。

※ プログラム導入前に心理検査及び職場や主治医への情報収集を行い、関係スタッフで判定会議を実施した上で、プログラムの適応を判定いたします。何卒ご了承ください。

参加するには

まず、主治医にご相談ください。当院入院中の場合は、担当看護師や担当ソーシャルワーカーにご相談ください。

費用

自立支援医療制度及び各種健康保険が利用できます。詳しくはスタッフにご相談ください。

開所時間

月曜日から土曜日 8:30~17:00

雇い主のみなさまへ

再休職や休職・復職を繰り返すことは、雇用側はもちろんのこと患者様ご自身にも負の影響となります。再燃や再発を防ぐために、支援を行ってまいります。また、労働者のメンタルヘルスに対する相談もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

主治医・産業医の先生方、産業保健スタッフのみなさまへ

当プログラムをご利用していただく際、事前に当法人の医師の診察(予約制)を受けていただくことになります。予めご了承いただきますよう、お願い申し上げます。
また、プログラム導入時や問題発生時、復職前に、スタッフより先生にご連絡の上、ご面会をお願いすることもございます。特に復職に際しては、ご本人の病状と職場側の受け入れ体制について、綿密な調整が必要となります。ご多忙のところ、大変恐縮ですが、お時間をいただけますよう、重ねてお願い申し上げます。

関係機関のみなさまへ

プログラムを運営するにあたっては、ご相談させていただく機会もあるかと存じます。
ご多忙のところ、大変恐縮ですが、ご指導いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

社会復帰
J R
山陽本線「新井口駅」下車、徒歩約2分
広電
「商工センター入口駅」下車、徒歩約2分
お車
西広島バイパス「商工センター入口」で降りて約5分
所在地
〒733-0864
広島市西区草津梅が台10-1(デイケアセンター別館)
TEL
082-276-2311
FAX
082-270-5051
e-mail
rework@kusatsu-hp.or.jp
ワークネクスト地図
草津病院

〒733-0864 広島市西区草津梅が台10番1号

Copyright(C)2004-2018KUSATSU HOSPITAL All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.