メインビジュアル
メインビジュアル

先輩ナースからのメッセージ

リクルート
先輩ナースからのメッセージ

全体で取り組もうという雰囲気

宮原 晴美

宮原晴美

草津病院に勤務し、3年目になりました。
入職した当初は、初めての精神科ということもあり、やっていけるかどうか心配でした。しかし、病棟は人間関係もよく、色々と疑問を相談する事ができ、すぐに馴染むことが出来ました。職場には、定期的にカンファレンスを行うなど、問題を一人で抱えることなく、何かあれば全体で取り組もうという雰囲気があり、とても仕事がしやすいです。
今、統合失調症の心理教育プログラムや、アルコール依存症の方のアルコール回復プログラムの係の担当をしています。治療に拒否的だった患者さんが、病気や治療について理解する事で意欲的に取り組まれるようになったり、反対に、プログラムへの参加が刺激になって患者さんの状態が落ち着かなくなることがあったりと、上手くいく事ばかりではないですが、先輩方に聞きながら新しい係に挑戦することができ、充実した日々を送っています。
患者さんや家族の方の気持ちに寄り添い、日々の自分を振り返りながら、精神科看護にやりがいを感じています。

精神科は、看護師自身が治療のツールになれる

祖田 安博

祖田安博

大学を卒業後、草津病院へ入職し1年が経ちました。私の所属している救急病棟では、日々多くの患者さんが入院されるため、毎日新しい学びがあり、難しさと同時にやりがいを感じています。
「精神科は、看護師自身が治療のツールになれる。」私の尊敬する先輩の言葉です。様々な患者さんと関わる中で、看護師の人間性や個性が患者さんとの信頼関係に繋がり、それが治療や退院支援を円滑に進める上で非常に大切な事だと知りました。自分の個性さえも看護のツールにできること、それが精神科看護の魅力だと感じています。
精神疾患を抱えながら、私達と同じように地域で生活されている患者さんがたくさんおられます。
1人でも多くの患者さんの人生をサポートできるように、これからも研鑚に努めたいと思っています。

患者さんの人生に関わっているという実感

小川 由希子

小川由希子

他院より転職し2年目となりました。入職時には不安もありましたが、病棟スタッフをはじめたくさんの方の支えがありました。
私の勤務しているのは認知症病棟です。たくさんの認知症患者さんに対する関わり方や精神・身体状態に合わせどのように看護していったら良いのか考える日々ですが、患者さんの笑顔に癒されたり、今まで生きて来られた患者さんの人生に関わっているという実感が得られたりすることもあります。
身体合併のある患者さんもおられ忙しい時もありますが、スタッフみんなで頑張っています。私もスタッフの一員としてより良い看護ができるよう努力していきたいと思います。

産休、育休を経て現場復帰し短時間勤務制度を利用

中村 明子

中村明子

私はストレスケア個室病棟に勤務しています。
当病棟はうつ病をはじめ様々な精神科疾患の患者さんが入院されています。なかでも休養を必要とされる患者さんが多く、一人ひとりの患者さまとしっかり関わる事が出来る病棟です。日々の業務の中でじっくりと話に耳を傾け信頼関係を築けるよう努めています。その関わりの中で患者さんが前向きに社会復帰されていく姿をそばで見守る事ができとてもやりがいを感じています。
また、院内、院外は勿論の事、病棟内での研修も充実しており、自身のスキルアップにも繋がり、その学びをスタッフ間で共有し現場で活かしています。
私は現在、産休、育休を経て現場復帰し短時間勤務制度を利用しています。子供の事で突然お休みをいただく事もありますが、スタッフの皆さんの温かいサポートもあり仕事と育児を両立する事ができ、充実した毎日を過ごしています。
これからも周囲のサポートに感謝し精神科看護師として頑張っていきたいです。

草津病院

〒733-0864 広島市西区草津梅が台10番1号

Copyright(C)2004-2018KUSATSU HOSPITAL All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.